AdvaNceD IoTテレワークブース

06-6585-9865 年中無休 土・日・祝OK 10:00~18:00 お問合せ・ご相談

AdvaNceD IoTテレワークブース 優れた防音性・遮音性を備えたボックス型の個室ブース Web会議や業務に必要な設備を完備し導入しやすい価格でご提供 Web会議、機密情報の取扱、集中スペースの確保に防音ブース、遮音ブースとしてご活用ください

弊社テレワークブースは「遮音性満足度」「清潔感・開放感」「ZOOM映え」で3冠達成!!

テレワークの普及や新型コロナの影響でこんな悩みや課題が増えています。

  • 仕事の集中できるスペースがない Web会議や業務に集中したくても自宅には家族がいるし、コワーキングスペースなどのオープンスペースでは、周りの話し声が気になってしまう。遮音ブースが欲しい。
  • 未公開情報・機密情報の取り扱い 急に客先から電話がかかってきたときに対応できる場所がない。場所によって機密情報の資料が開けないので仕事を制限される。防音ブースが欲しい。
  • 常に会議室が予約で埋まっている Web会議・テレビ会議の機会が増えて会議室の予約が取れない! 会議室を増やしたくても、コストやスペースの問題で難しい。
  • 新型コロナ感染症対策 あまり人と使い距離で仕事をしたくない。客先と電話で話す時、周りとの距離に気を遣う。

テレワークブースの導入で全ての課題を解決!

オフィスにもコワーキングスペースにもおすすめ

Office / Coworking space

様々な企業様や大学様にも導入頂いております

富山大学
詳細を見る
福井大学
詳細を見る
ACCEA CAFE 南海なんば駅店
詳細を見る

AdvaNceD IoTテレワークブースの活用シーン

  • Web会議用スペースとして 防音ブースなので専用の会議室がなくても周囲の音を気にせずオンライン上の快適なコミュニケーションが可能です。また会議室をWeb会議のために少人数で独占しなくなるのでスペース最適化も計れます。
  • 機密情報を扱う業務を行うスペースとして 遮音個室になっているので、大事な機密情報や企画書を他の人に見られる心配がありません。
  • 集中力が必要な業務を行うスペースとして 防音性・遮音性に優れ、ブースのドアも閉められるので他の人に邪魔をされることなく、自分の業務に集中出来ます。
  • 新型コロナ感染対策のテレワーク用スペースとして 個室テレワークスペースの導入によって、対面による打ち合わせや業務を避けることができ、新型コロナ感染防止対策になります。

目的に応じてフレキシブルに活用できる! AdvaNceD IoTテレワークブース オフィスの広さや導入台数などに合わせた2つのタイプからお選びいただけます。

AdvaNceD IoTテレワークブース スリムタイプ 外寸:W1000mm × D1000mm × H2250mm 共通標準設備:天井照明、換気ファン、コンセント、USBポート、デスク、デスクチェア メインフレーム:1.2mmの亜鉛めっき鋼板 ガラスドア:10mmの強化透明ガラス
SL003
AdvaNceD IoTテレワークブース ワイドタイプ 外寸:W1300mm × D1100mm × H2250mm 共通標準設備:天井照明、換気ファン、コンセント、USBポート、デスク、デスクチェア メインフレーム:1.2mmの亜鉛めっき鋼板 ガラスドア:10mmの強化透明ガラス
WI003
スリムタイプ/ワイドタイプ共通 価格598,000円(税別) 税込657,800円
AdvaNceD IoT テレワークブース ミーティングタイプ 外寸:W2310mm × D1220mm × H2000mm 共通標準設備:天井照明、換気ファン、コンセント、USBポート メインフレーム:1.2mmの亜鉛めっき鋼板 ガラスドア:10mmの強化透明ガラス
ME001
スリムタイプ/ワイドタイプ共通 価格1,398,000円(税別) 税込1,537,800円
AdvaNceD IoT テレワークブース ミーティングタイプ 外寸:W2090mm × D1530mm × H2350mm 共通標準設備:天井照明、換気ファン、コンセント、USBポート メインフレーム:1.2mmの亜鉛めっき鋼板 ガラスドア:10mmの強化透明ガラス
MX001
スリムタイプ/ワイドタイプ共通 価格1,398,000円(税別) 税込1,537,800円
  • ※税抜き価格になります。
  • ※本体価格に加えて各タイプ一率で送料・搬入設置費用300,000円(税抜)がかかります。
      (北海道・沖縄・その他離島の送料につきましては、別途お見積りとなります。)
  • ※ビルのエレベータの大きさによってはテレワークブースが乗り切らない場合がございますので、事前にお問い合わせください。
  • ※ミーティングタイプはテーブル・チェアは付属いたしません。
  

リース契約プランもございます

ご利用対象個人事業主・法人
リース期間3年 ~ 8年
提携会社株式会社アプラス

※契約条件や月額リース料金等の詳細は当社までお問い合わせください。

AdvaNceD IoTテレワークブースの設備と特徴

AdvaNceD IoTテレワークブース商品仕様

商品仕様 ミーティングタイプ


商品仕様 ミーティングタイプ


商品仕様 ミーティングタイプMAX

  • ※SL003,WI003,ME001,MX001は現在開発中のため正確なサイズに関してはお問い合わせください。また記載の仕様に対して若干の変更があることをご了承ください。
  • ※オリジナルサイズでの制作も可能です。

オプション設備:プライバシー曇りガラス

オフィスの雰囲気や用途に合わせて以下のカスタム対応も可能です

外装塗装色/外装フィルムラッピング/内装壁床材色/ドア開閉方向(左開きから右開きに変更)/ドアガラス色(不透明は法令により不可)/ドアロックの有無(有りから無しに変更)/デスクの高さ
※別途お見積となりますので詳細はお問い合わせください。

AdvaNceD IoTテレワークブースの経営的なメリット

  • メリット1 今あるスペースを有効活用 スペースをとらないボックス型の小ブースなのでオフィスの状況に合わせて、空きスペースを有効活用できます。
  • メリット2 会議室を適正人数で利用可能 多人数用の会議室を、Web会議などの少人数で独占することなく、必要な人が利用できます。
  • メリット3 組織改編やレイアウト変更も柔軟に対応 ブースは軽く、簡単に移動が出来るため組織改編やオフィスレイアウトの変更に柔軟に対応出来ます。
  • メリット4 導入工事に伴う社内の大規模な調整不要 組み立てた製品を置くだけなので工事不要です。施工費用が抑えられるだけでなく迅速な導入が可能です。

よくあるご質問

Q. リースは可能ですか?
株式会社アプラスと提携しており、リース期間は3年~8年でご利用いただけます。詳しくは当社までお問い合わせください。
Q. レンタルは可能ですか?
1ヵ月間お試しでAdvaNceD IoTテレワークブースをレンタルいただけるトライアルプランをご用意しております。トライアルプラン終了後は、ご購入またはご返却が可能です。
詳しくはPDFをご確認いただくか当社までお問い合わせください。
Q. 換気するシステムはありますか?
はい、換気ファンを標準装備しています。ブース内の空気を外気と常に循環をさせることで換気します。
スリムタイプ:約36回/時 ワイドタイプ:約31回/時
Q. 長時間使用した時の暑さが気になります。
ブース内には換気ファンが標準装備されていますが、これだけですと暑さ対策としては不十分なので空気清浄機の設置をお勧めしております。
これによりブース内の空気が流れ、送風効果となり、涼しくなります。
Q. 設置後にレイアウトを変更することはできますか?
消防署やビルの管理会社に対して許可を得て設置しているため、レイアウトを変える前にも再度消防署やビルの管理会社に対して事前確認が必要です。
必ず事前確認をした後、レイアウトの変更をお願いいたします。
Q. 設置にあたって必要な消防署やビルの管理会社との打ち合わせ、各種許可申請等に関する手続きのサポートはしてもらえますか?
消防署への各種申請書類(配置図・各種図面・消防設備計画書・特例申請書等)の作成支援や手続きのサポート、ビル管理会社への各種申請書類作成支援や搬入設置に関する管理会社との直接の打ち合わせも可能です。
導入企業様のご担当者様にご負担がかからないよう、当社が可能な範囲内で全て対応をさせていただきます。
Q. なぜ他社と比較して安いのですか?
弊社が企画から販売・配送・設置までをグループ会社を含めた自社で行っていること、また必要以上の在庫を持たないようにすることで、お客様が導入しやすい価格での販売を実現しております。
Q. 保証期間はありますか?
保証期間は本体引渡し日より1年間になります。
Q. 保証期間が過ぎた後に故障した場合の修理費用を教えてください。
故障時にはテレワークブースの状況をおうかがいし、個別にお見積りとなります。参考として、ガラスが割れた場合の修理費用は、出張費及び取り替え工事費を含んで150,000円(税抜)になります。
※北海道・沖縄・その他離島の出張費につきましては、別途追加の出張費用が掛かる場合がございます。
Q. 消火器を交換する時期の目安を教えてください。
消火器の使用期限は製造年から5年になります。そのため使用期限が経過する前に新しい消火器と交換してください。
また、消火器の交換費用は出張費、作業費、処分費を含んで60,000円(税抜)になります。
※当社で現在取り扱いをしている「住宅用下方放出型自動消火装置 スペースシュッパー」の場合の交換期間の目安になります。
※北海道・沖縄・その他離島の出張費につきましては、別途追加の出張費用が掛かる場合がございます。
Q. 納期を教えてください。
ご注文いただいてから商品の到着までの納期は約1ヵ月になります。テレワークブースをカスタマイズされる場合は、納期が変更になりますので一度当社までご相談ください。
Q. オフィスを移転する場合はどうしたらいいですか?
当社ではテレワークブースの移設サポートを行っております。サポート内容はブースの解体から新しいオフィスでのブース設置までになります。費用は別途ご相談ください。※配送先により料金は変動いたします。
お電話でのご相談 06-6585-9865 (年中無休・土日祝OK 10:00~18:00)

フォームでのご相談 ご注文に関するご相談はこちらからお問い合わせください。

 

ご用件お申込み  お問い合わせ
ご担当者名
会社名・施設名・団体名
Eメール
電話番号
お問い合わせ内容
プライバシーポリシー 同意頂ける場合は、チェックを入れてください。
  プライバシーポリシーはこちら
AdvaNceD IoT商品一覧へ

富山大学 様

URL:https://www.u-toyama.ac.jp

業種:高等教育機関(大学)
導入サービス:AdvaNceD IoTテレワークブース+Zoom映えセット

就活生のWeb面接ならではの悩みを解決するためAdvaNceD IoTテレワークブースを就職・キャリア支援センターに設置

富山大学では、時代の流れに合わせた就職支援としてオンライン面談や相談業務等を積極的に行ってきました。昨今、就職活動におけるWeb面接が増えてきた状況で、学生の中でもオンラインならではの悩みや課題が増えてきたため、学生を支援するための設備としてテレワークブースの導入を決定されました。

今回はテレワークブースを実際に試したことがある富山大学の学生のAさん、Bさん、Cさんに、その使いやすさや感想についてお話しを伺いました。「静かな環境でWeb面接に集中出来る」のはもちろんのこと、「テレワークブースがあることで、実際に企業に訪問したように気持ちの切り替わり集中出来る」、「キャンパス内に設置されているので空き時間を有効活用出来る」など様々なテレワークブースの効果についてお話いただきました。

■就職活動のオンライン化が進むことによって、遠方の企業でも時間や場所に拘束されずに選考に参加しやすくなった

──現在Web面接が主流になってきている現状に対してどのように感じていますか?
A(敬称略):オンラインならではのメリットとデメリットの両方があると感じています。 私は地方に住んでいるので、遠方の企業にエントリーした場合、一次面接や二次面接など、まだその会社に入る可能性がそこまで高くない段階で、実際にその場所までいかなくて良いというのは、メリットに感じています。

一方デメリットに関しては、実際にオフィスに足を運ばないと分からない企業の雰囲気があると思うので、オンライン上のみだと、面接官と就活生のお互いの雰囲気も十分に感じ取ることが難しく、企業とのミスマッチが起こりやすいと思いました。

B:オンラインの面接だと移動時間がかからないので、選考回数を多く受けられるのは大きなメリットと感じています。 またグループワークを行う際にお互いのパソコン画面を共有して協力しながら行うことがありますが、その際に対面よりも自分の資料や進捗を共有をしやすいという点がメリットと感じています。

C:私は2つの点がWeb面接で良いと考えています。1つ目は、移動時間がかからず選考に参加しやすくなるので、当初興味のなかった業界でも選考に参加しやすくなったことです。もう一つは授業の合間にWebをつなげればどこからでも企業さんとの関わりを持つことも出来るという点で、時間も場所も気にせず気軽に参加できるというのは良いと思います。

■Web面接のための適切な環境を整えることが就活生の課題に

──Web面接を行うにあたって失敗してしまったことや課題に感じたことはありますか?
A:はい、Zoomのバーチャル背景を利用してはいたのですが、画面の映り具合が暗く感じることがありました。自分をよく見せるためには、部屋の明かりも大切だと気づき、Zoom用にリングライトを購入しました。また外出先から参加する時に照明の映り具合や背景も気にするようにして、印象良く映りそうな時は、あえてバーチャル背景を使わずに面接をしたりしていました。

──カフェのようなオープンスペースで面接を行うこともありましたか?
A:はい、予約や移動の時間がなくオープンスペースで行うこともありました。そのような場合は周囲に気を使ってしまい、どうしても小声になってしまいました。
またイヤホンをつけていると耳栓をしているような状態でしゃべることになり、実際の自分の音量が分からないので、声が大きすぎないか心配になってしまい、面接官の方にも小声になってしまう事情を予め説明することもありました。

──そうなのですね。お二人はWeb面接を行うにあたっての失敗や課題はありましたか?
B:私は一人暮らしをしているのですが、急に隣の部屋から工事音が聞こえてきてしまい、自分の選考に集中出来なかったという失敗がありました。一方、テレワークブースは周りからの騒音を気にしなくていいので安心感があります。

C:私は環境が失敗してしまったかなということがあります。普段は一人暮らしなのですが、ちょうど実家に帰った際にWeb面接を行う機会がありました。その際に自分の親があまりオンラインで面接をするという状況を理解しておらず、面接中に急に大きな声で名前を呼ばれてしまいました。

■面接に集中出来るだけでなく、気持ちの切り替えや空き時間の有効活用にも役立つテレワークブース

──テレワークブースを利用した印象を教えてください。
A:実際に利用してみて本当に遮音性に優れていると実感しました。テレワークブースはキャリアセンターの端に設置されているのですが、他の学生や職員が会話している声が全く聞こえず最高に集中出来る環境でした。

B:初めて利用した時に完全密室だと思っていたのですが、左側にガラスドアがついているので、密閉感や圧迫感がありませんでした。面接で口ごもってしまったときにも、外の様子見て、気持ちを落ち着かせることも出来るので快適な環境だなと思いました。

C:周りの音が聞こえないので集中してWeb面接を受けることが出来るなと感じました。また右も左もガラスで透明なので完全密室という感じがせず、自分の声など周りに気を使う必要もないので、利用しやすかったです。

──「Zoom映えセット」を利用した時の印象を教えていただけますか?
A:個人的な意見ではありますが、照明は必須だと思います。
B:リングライトに関しては使った方が印象が良くなり、自信をもって面接に臨めるので良いと思いました。
C:リングライトに関しては2人と同じ意見で、顔が明るくなって健康的に映るので、面接でも自信をもって会話が出来るように感じました。専用モニターは自分のパソコンよりも大きな画面で、相手の面接官の顔や表情も良く見えるので良いなと思いました。

──テレワークブースを利用して今までの悩みや課題が改善されましたか?
A:良かった点は2点あります。まず見た目がかっこいいのでモチベーションが上がります。
もう1点は大学内に設置されているので、1限と3限に授業があり2限の時間に面接の予定が入っている場合など、いったん家に帰る必要がなくなったり、大学の空き教室を頑張って探す必要がなくなったことが良かったです。
また大学の空き教室を使うとたまに誰かが入ってきたりすることもあるのでそういったトラブルも、このテレワークブースを使うことで避けられるようになりました。

B:以前は自分の部屋で面接していると物理的に集中できないということがありました。テレワークブースは大学内に設置してあるので、大学に来ることがスイッチの切り替えになり、集中出来るようになったので良かったと思っています。

C:私も家で課題を行うのは集中出来ないタイプなので、普段は大学の施設や図書館、カフェ等に行っています。そういう意味では、大学にテレワークブースが置いてあると、意識の切り替えが出来るという点でいいと思います。
また自宅が大学から遠いので授業の空きコマの時に予約して利用できる点も良いと思いました。
最後に自分の部屋に椅子や机を置いていないので、姿勢が維持できずに途中で集中が切れたりとか、バーチャル背景の設定が出来ないこともあったりしたので、そういう人にもテレワークブースは適していると思います。

──友達にも当社のテレワークブースをおすすめしたいですか?
A:面接に適したスペースとして、勧めたいと思います。大学3年生や4年でも、授業やゼミ、部活動、サークルなどで大学に来る機会があると思うので、時間が有効活用出来るという点でも良いと思います。

B:おすすめしたいです。集中出来る環境が一つあるだけでも安心出来るので、そのような場所が1つでも増えていくことが面接や選考を受けていく上での自信にもつながると思っています。
C:おすすめしたいです。就職活動の面接は、もともと企業のオフィスに訪問するのが通常でしたが、オンラインに切り替わったことによって、自宅で面接を受けていると気分的にもいつも通りになってしまいがちです。テレワークブースがあることによって企業を訪問した気持ちになって面接を受けられるので、気持ちを切り替えて集中して面接を受けることが出来ます。

<最後に就職・キャリア支援センター様からもAdvaNceD IoTテレワークブースを推薦するお言葉をいただきました>

オンラインで面接選考を受けた直後の学生をすぐにケアでき相談に乗れるというところが相談員の立場からも学生にとっても、キャリアセンターにテレワークブースを置くメリットになると感じています。

福井大学 様

URL:https://www.u-fukui.ac.jp

業種:高等教育機関(大学)
導入サービス:AdvaNceD IoTテレワークブース+Zoom映えセット

Web面接の定着に伴い、遮音性の高い面接用テレワークブースの導入を決断

福井大学のキャリアセンターは、低学年からのキャリア形成教育や教職連携してのきめ細やかな就職活動支援を行い、高い就職率と就職後の離職率の低さでも有名です。
令和2年度卒までの就職率は、複数学部を有する国立大学で14年連続1位と高い実績を残し、令和2年2月には福井大学をモデルにしたキャリア支援課をモデルにしたドラマ『シューカツ屋』が、NHK BSプレミアムで放送されています。 今回はコロナ渦における就職活動の変化にいち早く対応し、Web面接のためのテレワークブース導入を決定された福井大学キャリア支援課の北林様にお話しを伺いました。

──テレワークブース導入のきっかけは何でしたか?
北林(敬称略):新型コロナウイルスの影響でWeb面接を行う企業が増えたことがきっかけでした。Web面接では、周囲の音やカメラの照明、角度など対面の面接とは異なることに気を付ける必要があるので、Web面接のコツを指導するために活用したかったのと、Web面接に最適な環境を大学で学生の皆さんに提供できるようにするために導入を決めました。

──どのようなことをテレワークブースにもっとも期待されていましたか?
北林:Web面接用のブースで一番重視するのは防音・遮音性です。Web面接となるとほとんどの学生は自宅から行うことが多いです。一人暮らしであれば良いのですが、家族と同居していると、本人が思っている以上に生活音がマイクに拾われてしまいます。また、生活の状況がうかがえてしまうのもマイナスの要因です。企業側も学生側もWeb面接に慣れてきている状況で,多少であれば、理解してくれるかもしれませんますが、やっぱり準備不足ととられかねません。また自宅のインターネット環境が十分ではなくWeb面接をどこで行ったらいいか分からないという相談も受けることがあります。そのような場合は相談室や講義室をご案内したりもするのですが、ご案内できる場所が限られているので予約が思うように取れなかったり、アクセスが集中する時間だとインターネットの接続が安定しなかったり、良い解決策が見つかっていませんでした。
そこで、防音・遮音性が高いテレワークブースを大学に導入することで、それらの問題を解決できるのではと考えました。

──それでは「防音・遮音性の高さ」が当社製品に決定いただいた一番の要因だったのですね。
北林:はい。私たちが最も重視する防音・遮音性に確信が持てたこと、サイズが大きいものがあることが導入の決め手になりました。実は防音・遮音と言ってもかなり高価なものでないと、ブースのドアを閉めても周りの音が聞こえてしまうのではないかと、正直少し懐疑的でした。テレワークブースの導入を決める前に、デバイスエージェンシーの担当の方に、この話をお伝えしたところ、担当の方からAdvaNceD IoTの防音性に関する実証実験の動画も見せていただいたので、信頼できると思いました。

また、他社さんのテレワークブースにはない、「Zoom映えセット」というオプションセットがあることも魅力的でした。Web面接で、周囲の音の以外に学生によくアドバイスすることの1つがカメラ映りです。部屋の照明の明るさや位置の関係で画面が暗く映ってしまい、就活生の顔色も悪く印象が暗く見えてしまったり、パソコン内蔵カメラを利用しているために画面を見下ろす角度になり、輪郭がぼんやりとするだけではなく、高圧的に見えてしまったりすることもあります。どれもWeb面接ではマイナスの印象を面接官に与えます。
これらのポイントを上手く改善してくれるのが、「Zoom映えセット」で、テレワークブースにWeb面接専用のWebカメラ、LEDリングライト、27インチワイドモニターを設置していただけるのは大変画期的でした。LEDリングライトを女優ライトとして学生に宣伝しています。

──導入はスムーズに進みましたか?
北林:はい。テレワークブースは可動式個室ブースとして扱われていて、設置には消防法や大学独自の防災基準を満たす必要があるのですが、デバイスエージェンシーの担当者の方が、大学の防災担当および管轄の消防署とも密に連携してくださったので、特別な苦労なく進行することが出来ました。搬入設置作業もデバイスエージェンシーのグループ会社で対応いただいたので、最初から最後までワンストップで全てお任せでき、安心・信頼出来ました。

──導入したテレワークブースの評判はいかがでしょうか?
北林:テレワークブースは、周囲を気にすることなくWeb面接に集中できるので、自分の想いを面接官にしっかり伝えやすいと学生から大好評いただいております。特に今までWeb面接のための最適な場所を見つけるのに苦労していた学生から喜び喜び の声が多いです。また、授業や卒論等で大学に通学した際に、キャンパス内でそのままWeb面接をできるというのも便利なようです。本来の使い方と違うかもしれませんが、音や環境に過敏な学生が利用した時は、集中してエントリーシート作成に取り組めたと感謝されました。
私たちキャリア支援課の職員にとっても、テレワークブースによって、学生たちが本来の実力を対面での面接と同様にWeb面接でも100%発揮することができ、納得いく就職活動が出来れば喜ばしい限りです。
またテレワークブースはコンパクトで余計な場所をとらないので、大きくレイアウトを変更しなくて済むのがで良いですね。現在は試験的に1台のみ導入をしておりますが、台数を増やすことも検討していきたいと思います。

──導入に迷われている他の大学におすすめできるポイントがありましたら、コメントをいただけますと嬉しいです。
北林:テレワークブースは高額なので、導入に躊躇する大学の就職課の職員の方々の気持ちはよく理解できます。AdvaNceD IoTのテレワークブースは、防音・遮音性が高く設備も揃っていて、Web面接で好印象を残すためのポイントを抑えた「Zoom映えセット」もあるので、学生がWeb面接を突破するための設備としては妥当な価格だと思います。本学当校で導入をしてみて、学生からの評判とスタッフの評価の両面から価格に見合う価値はあったと、実感しています。
実際、他社製品と比較してみても、同様のスペックで搬入設置費用を含めて200万円近くかかるテレワークブースもあるのに対して、AdvaNceD IoTテレワークブースは100万円もかからないので、非常に導入しやすい価格です。
導入に迷われている就職課・キャリアセンターの方は、いきなり購入ではなく1ヶ月レンタルプランもあるようですので、一度試されてみてはいかがでしょうか。

株式会社アクセア アクセアカフェ南海なんば駅店 様

URL:https://cafe.accea.co.jp/map/namba.php

業種:コワーキングスペース事業
導入サービス:AdvaNceD IoTテレワークブース+Zoom映えセット

遮音性の高いワークブース導入でコワーキングスペースの利便性をさらに向上

株式会社アクセア様は、オンデマンドプリント事業を主軸にお客様のビジネスに寄り添った事業を展開されています。
「AdvaNceD IoTテレワークブース」を設置した「ACCEA CAFE(アクセアカフェ)」は、近年のビジネススタイルの多様性に応えるため、会員登録不要・予約不要で気軽に利用出来るテレワークステーションです。
遮音性の高い「&IoTテレワークブース」の導入によって、今後さらに利便性の高い空間をお客様に提供出来ることを期待されています。
店舗運営直営西日本統括部の角屋様にお話しを伺いました。

──テレワークブース導入の背景は何でしたか?
角屋:新型コロナウィルスの流行によってオンライン会議が普及したことがきっかけです。元々アクセアカフェは出張先でのスポット利用・テレワーク利用だけでなく、アクセア店舗で印刷オーダーご利用のお客様やカフェ休憩などに主に利用していただいておりましたが、Web会議を主な目的として来店されるお客様も徐々に増えて、元々設置されていたテレワークブースの導入促進を進めておりました。

──他社のテレワークブースの購入も検討しましたか?
角屋:はい、他社商品も検討をして実際に導入もしました。ただ今までテレワークブースを購入した経験がなかったので、どのテレワークブースを導入するのが良いのか判断するのはなかなか難しかったです。

──AdvaNceD IoTテレワークブースを導入したきっかけは何でしたか?
角屋:製品写真を見た際に両面がガラス張りで開放感がありスタイリッシュな見た目に興味を持っていました。実際に実物の中にも入って確認したところ、内部のスペースに余裕があり、長時間の打ち合わせでも快適に集中出来そうと感じました。また重要視していた遮音性の高さも、実際に試してその性能を確認出来たので、新規でオープンを予定していた南海なんば駅店へ導入を決定しました。

──AdvaNceD IoTテレワークブースで他に気に入った点はありましたか?
Web会議中のカメラ映りを良くするZoom映えセットは、実用性が高く、他社のテレワークブースではなかなかないオプションなので良いと思いました。実は女性スタッフの間でも試してみて、使用した場合と、していない場合でその違いに盛り上がりました。

──導入にあたって、不満や心配だったことはありますか?
角屋:特に不満だった点はないですが、設置にあたって消防署への事前の確認が必要だと聞いていたので大変なのかなと気にはなっていました。ただ実際はデバイスエージェンシーさんがグループ会社と連携して、消防対応、事前の搬入経路の確認、設置工事まで一気通貫でスムーズに対応いただき、安心してお任せ出来ました。また導入までに時間を要するメーカーも多いので日数もどのくらいかかってしまうのか心配でしたが、こちらのタイトなスケジュールにも間に合わせてくださり、迅速かつ臨機応変に対応くださったのも大変ありがたかったです。

──お客様の反応はどうでしょうか?
角屋:まだ導入して間がないので具体的な反響はこれからですが、設置してから連日多くのお客様が利用されているので、満足いただけているのかなと思っております。今回の導入によってWeb会議のための快適な空間をお客様にご提供することが出来て良かったです。

──最後にデバイスエージェンシーに一言ございましたら、よろしくお願いいたします。
角屋:アクセアでは、ビジネスを加速させるというテーマのもとお客様のニーズに合わせて「ビジネスサポート」をメインに日々新しいサービスや事業を展開しております。デバイスエージェンシーさんも様々な商品開発を行っていらっしゃるので、今後もお互いにビジネスで協力出来る機会を期待しております。